三菱UFJ信託銀行住宅ローン

三菱UFJ信託銀行住宅ローンの3大疾病保障特約付き住宅ローンでもしもに備える!

こちらでは、

 

三菱UFJ信託銀行が提供している3大疾病保障特約付き住宅ローンの概要についてご紹介したいと思います。

 

 

住宅ローンでは、ローン債務者が死亡したり、高度障害となったりして、住宅ローンの返済ができない状態になった場合の保険として、団体信用生命保険に加入することが一般的です。

 

団体信用生命保険では、住宅ローンの残高と同額の保険を毎年かけることによって、ローン債務者に万一のことが合った場合には、支払われる保険金で住宅ローンを完済することができ、残された家族がそのままローンのない状態で住宅に住み続けることができます。

 

団体枠で保険に加入することにより、保険料が割安になるというメリットがありますが、フラット35以外の住宅ローンでは、一般的に団体信用生命保険の保険金は金融機関側が支払います。

 

それは、三菱UFJ信託銀行でも同様で、保険金をローン債務者が支払う必要はありません。

 

 

三菱UFJ信託銀行では、補償範囲を一般の団体信用生命保険よりも広げた、3大疾病保障特約付き住宅ローンを提供しています。

 

保障される3大疾病とは、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中です。

 

一般に、日本人の中でガンで死亡する人は全体の1/3程度、3代疾病で死亡する人は全体の2/3程度といわれていますので、3大疾病に罹患する確率はかなり高いと言わざるを得ません。

 

3大疾病保障特約付き住宅ローンでは、3大疾病に罹患したり、罹患して所定の状態が続いた場合に保険金が支払われ、その時点で住宅ローンがゼロになります。

 

 

3大疾病保障特約付き住宅ローンの利用条件は一般の住宅ローンとほぼ同様ですが、年齢条件が厳しくなっています。

 

一般の住宅ローンでは、借り入れ時の年齢が満20歳以上65歳未満で、最終返済時の年齢が満80歳以下である人が条件ですが、3大疾病保障特約付き住宅ローンでは、借り入れ時の年齢が満20歳以上49歳未満で、最終返済時の年齢が満75歳以下である人となります。

 

年齢が進むと共に3大疾病に罹患する危険性が高くなるための措置だと思われます。

 

なお、3大疾病保障特約分の保険料として、住宅ローン金利が0.3%上乗せされます。

 

月々の住宅ローンの返済に合わせて、ローン債務者が3大疾病保障特約分の保険料を支払うことになります。

 

 

【3大疾病に対する保険金支払の条件】

 

●ガンの場合、保障開始から90日以降に生まれて初めてガンであると診断された時になります。

 

保障開始から90日以前にガンであると診断されたことがある場合には、その後ガンが再発したとしても保険金は支払われません。

 

 

●急性心筋梗塞の場合には、保障開始以降に発病し、60日以上労働の制限を必要とする状態が続いた時に保険金が支払われます。

 

●脳卒中の場合には、保障開始以降に発病し、60日以上言語障害、運動失調、麻ひ等の後遺症が継続した場合に保険金が支払われます。


三菱UFJ信託銀行の3大疾病保障特約付き住宅ローンって?【利用条件】関連ページ

賃貸マンション・アパートローンの概要
不動産担保ローン「個人ローン3000」概要