三菱UFJ信託銀行住宅ローン

三菱UFJ信託銀行住宅ローンは金利の大幅引き下げを期待できる?

こちらでは、

 

三菱UFJ信託銀行の住宅ローンの住宅ローン金利についてご紹介したいと思います。

 

 

三菱UFJ信託銀行が提供している住宅ローンでは、変動金利型、固定金利型、全期間固定金利型の3種類の金利タイプが提供されています。

 

 

変動金利型では、半年に1回の頻度で住宅ローン金利が見直されます。

 

住宅ローン金利は短期金利連動型と長期金利連動型の2種類から選ぶことができます。

 

月々の返済額の見直しは、5年に1回の頻度で行います。

 

返済額を見直すまでの金利の変化は、返済する元本と利息の比率を調整することによって対応します。

 

また、5年毎の返済額の見直しの際は、返済負担の急増を防ぐため、それまでの返済額の1.25倍を上限とします。

 

なお、変動金利期間中に所定の手続きを行うことにより、固定金利型へ移行することもできます。

 

 

固定金利型は、固定金利期間3年,5年,7年,10年,15年,20年から選択することができます。

 

固定金利期間中は、変動金利型への移行はできませんが、固定金利期間終了時点で、変動金利型は固定金利型かを選ぶことができます。

 

全期間固定金利型では、返済期間25年から35年から選択することができます。

 

返済期間中に他の金利タイプへ移行することはできません。

 

 

三菱UFJ信託銀行の2013年1月現在の主な住宅関連ローンの金利を下表に示します。

 

 

 

表 三菱UFJ信託銀行の住宅関連ローン金利(2013年1月現在)

 

 

住宅ローン金利は、店頭金利から2種類の金利引き下げ方式を選ぶことができます。

 

●全期間一律引き下げ方式では、店頭金利から−1.2%〜−1.6%の引き下げを受けることができます。

 

この金利引き下げは、住宅ローンの返済期間中有効です。

 

なお、具体的な引き下げ幅は、住宅ローン審査結果によって異なります。

 

●もう一方は、当初固定期間引き下げ方式で、当初固定期間の引き下げ幅は−2.15%〜−2.50%になっています。

 

当初固定期間終了後の金利は、住宅ローンを完済するまで、−0.8%の引き下げとなります。

 

 

なお、他の金融機関では、住宅ローン金利を引き下げるために、給与振込口座に指定したり、公共料金を口座から自動引き落としする契約をしたりする必要があるところも多いですが、三菱UFJ信託銀行では、金利引き下げのための条件はありません。


三菱UFJ信託銀行住宅ローンタイプ別金利比較!【金利引き下げ幅は?】記事一覧

三菱UFJ信託銀行住宅ローン金利推移シミュレーション【総支払額比べ】

こちらでは、三菱UFJ信託銀行の住宅ローンについて、返済額や総支払額のシミュレーションを行ってみたいと思います。三菱UFJ信託銀行の住宅ローンでは、金利タイプとして「変動金利型」、「固定金利型」、「全期間固定金利型」の3種類があります。また、店頭金利から、全期間一律引き下げ方式と当初固定期間引き下げ...

≫続きを読む

三菱UFJ信託銀行住宅ローン繰上返済シミュレーション【最良方法は?】

こちらでは、三菱UFJ信託銀行の住宅ローンの繰り上げ返済についてご紹介したいと思います。繰り上げ返済とは、月々の支払いで予定されている住宅ローンの返済額以上に、返済を行うことです。住宅ローン残高を一気に返済する全額繰り上げ返済と、残高の一部を返済する一部繰り上げ返済の2種類にわかれます。また、一部繰...

≫続きを読む

三菱UFJ信託銀行住宅ローンで必要な諸費用はいくら?【なにが要る?】

こちらでは、三菱UFJ信託銀行の住宅ローンに必要となる諸費用についてみてみましょう。住宅を購入する際には、いろいろな手続を行いますが、それらの中には有料のものもあります。また、住宅ローンを組む場合にも、いろいろな費用が必要になります。それらの費用のことを諸費用と呼びますが、購入する住宅が高額であれば...

≫続きを読む