三菱UFJ信託銀行住宅ローン

三菱UFJ信託銀行住宅ローンの諸費用はいくらぐらい必要?

こちらでは、

 

三菱UFJ信託銀行の住宅ローンに必要となる諸費用についてみてみましょう。

 

 

住宅を購入する際には、いろいろな手続を行いますが、それらの中には有料のものもあります。

 

また、住宅ローンを組む場合にも、いろいろな費用が必要になります。それらの費用のことを諸費用と呼びますが、購入する住宅が高額であれば、諸費用も高額になりがちです。

 

また、利用する金融機関や住宅ローンの種類によっても諸費用が変わる場合が多いので、ある程度正確に諸費用を把握しておかないと、住宅ローンの資金計画に影響を与える可能性もあります。

 

 

三菱UFJ信託銀行では、住宅ローンの返済額などをWEBサイト上でシミュレーションできます。

 

その際、必要となる諸費用についても概算金額を見積もってくれます。

 

実際に、三菱UFJ信託銀行のWEBサイトを利用して、住宅ローンで必要になると思われる諸費用を概算してみます。

 

 

モデルケースとして、

 

【借り入れ金額を3000万円】
【返済期間を35年】
【ボーナス時加算なし】

 

とした場合を仮定します。

 

 

住宅ローンは最も一般的だと思われる住宅ローン(変動金利型)を選択したと仮定しました。

 

 

保証会社への保証料


 

三菱UFJ信託銀行の住宅ローンでは、三菱UFJトラスト保証(株)によるローンの保証を受ける必要があります。

 

その対価として保証料を支払います。

 

モデルケースの場合、61万8360円と見積もられました。

 

これは、ローン締結時に保証料を一括して支払う場合の金額です。

 

保証料については、ローン締結時には支払わず、住宅ローン金利を0.2%上乗せすることによって、月々の住宅ローンの支払に合わせて支払う方法もあります。

 

モデルケースの場合、金利が1%から1.2%に変動したと仮定すると、保証料として約118万円を支払うことになります。

 

 

保証会社への取り扱い手数料


 

保証会社へは、前述の保証料以外に、取り扱い手数料を支払う必要があります。

 

取り扱い手数料はローン金額や返済年数によらず、3万1500円(税込み)です。

 

 

収入印紙


 

住宅ローンの契約書(金銭消費貸借契約書)を有効とするためには、ローン金額に応じた収入印紙を購入して、印紙税を支払わなければなりません。

 

借り入れ金額が3000万円の場合には、2万円の収入印紙を購入し、貼り付け、割り印を行う必要があります。

 

 

保証会社への保証料


 

土地や住宅を購入した時には、一般に引渡しを受けると同時に登記を行いますが、登記の際に登録免許税を支払う必要があります。

 

登録免許税は、購入金額の1000分の4ですから、モデルケースの場合には12万円が必要です。

 

 

司法書士報酬


 

前述の登記を行う際には、司法書士が手続きを代行します。

 

司法書士報酬は一律に決まっていませんが、WEBサイトのシミュレーションでは、5万円程度との見積もり結果でした。

 

 

以上の諸費用を合計すると、83万9860円となりました。


住宅ローンのおすすめサイト

2015年(平成27年)の住宅ローン減税の控除や適用条件について詳しくご紹介する専門情報サイトです。住宅ローン減税を受けたいと思っている方、どのように申請や手続きをすれば良いのかを知りたい方はぜひご覧ください。


三菱UFJ信託銀行住宅ローンで必要な諸費用はいくら?【なにが要る?】関連ページ

金利推移によって支払額はどう変わる?※金利タイプ別比較
繰り上げ返済方法別シミュレーション